オシロスコープについての情報が満載

オシロスコープの垂直システム|ポジションと垂直軸

オシロスコープの垂直システム|ポジションと垂直軸 オシロスコープは測定器の一種で、電圧の時間的変化を波形で表すものです。
当測定器には3タイプあり、一つはアナログです。
電子ビームを蛍光体に直接当てることで、発光線を波形として表示します。
二つ目はデジタル・ストレージ・オシロープ(DSO)で、アナログ信号をデジタル化します。
それがメモリに書きこまれ、波形として表示されます。
三つめがデジタル・フォスファ・オシロスコープ(DPO)です。
アナログとデジタルの長所を備えており、データを3次元で処理できます。
垂直システムは電圧方向の設定で、管理画面の波形を移動したり振幅を変えたりするものです。
垂直軸の設定は、スケールつまみで操作します。
管理画面で適当なポジションにし、電圧の量を読み取れるようになります。
電圧が大きな波形では、つまみを左のポジションにして1目盛の設定を大きくします。
逆に小さな電圧では設定を小さくすれば良いわけです。
垂直システムが垂直軸を操作するのに対して、水平軸システムは水平軸を操作します。

オシロスコープの垂直システム|帯域制限

オシロスコープの垂直システム|帯域制限 オシロスコープを用いると、ある期間の電圧を視覚的に表示することができますので、信号の動作を目に見える形でとらえることができます。
オシロスコープには帯域幅が設けられ、この帯域幅を適切に選択することで、正確で信頼性が高い測定値を得ることが可能です。
この測定器具は垂直軸と水平軸を設け、垂直システムでは振幅スケーリングや帯域幅の制限などを設定したり、垂直軸上への信号配置を調整ができます。
さらに、垂直システムで帯域制限を設定することが可能なのです。
また、水平軸のシステムでは時間軸のスケーリングを調整したり、時間軸上で信号配置を調整することができるようになっており、適切な帯域制限を設けながらよりよい測定を行うことができるようになっています。
このように、オシロスコープで表示させる情報には垂直方向と水平方向上で調整を施すことが可能ですので、より視覚的にわかりやすいデータを得ることができるようになっています。