オシロスコープについての情報が満載

このサイトではオシロスコープに関する、様々な情報を提供しています。
基本的な構造であるトリガーに関してはポジションやソース、カップリングが中心になります。
そして垂直システムだと帯域制限などです。
いずれも使いこなすためには欠かせない機能や考え方なので、わからないまま放置するべきではありません。
そのような専門用語に関して全く知識を持っていない場合は、理解ができるようになるかもしれないので一度確認してみると良いでしょう。

オシロスコープのトリガー・ポジション

オシロスコープのトリガー・ポジション オシロスコープではしばしば、測定したい信号の中に求めている表示以外の様々な情報が含まれていることがあります。
複数が重なっていると当然ひとつだけを見抜くことなどできないため、条件を付けて絞り込まなければなりません。
そんな時に活用するのがトリガー機能で、基本は垂直方向のレベルである電圧を指定します。
その一定の範囲を通れるもののみを表示させることによって、希望する波形に絞り込めるというわけです。
そんなオシロスコープのトリガーは垂直方向だけでなく水平の時間方向にも別で指定をかけることができ、それをポジションと呼びます。
つまりレベルとポジションの両方をそれぞれ調整することで、トリガーをどの位置にかけるか細かく設定できます。

オシロスコープのトリガーのレベルとスロープについて

オシロスコープのトリガーのレベルとスロープについて オシロスコープのトリガーにはソース、スロープ、レベル、モードなどの様々な機能があります。
これらを使いこなすことによって、測定の効率がぐんと上がるので使いこなせるようにしていきましょう。
ここではその中でもレベルとスロープについて見ていきます。
まずレベルとは、ある指定したレベルの信号が入ってきたときに計測を開始する機能です。
周期的に同じような波形が流れてくる場合、目視だとどのタイミングで始めるかわかりづらいですが、これを設定しておけば、計測したい信号が入ってきたときに自動で計測を開始してくれます。
ただ簡易的な波形を測定するときには便利ですが、数値が0に近い場合と、不規則な波形の場合では機能しないので注意が必要です。
次にスロープです。
オシロスコープに表示されている山がありますが、その山が上がるとき(立ち上がり時)と下がるとき(立ち下り)のどちらかの傾斜にトリガーをかけることができます。
通常は立ち上がり時に測定を開始することが多いので、プラスの値にセットしておけば大丈夫です。
状況に応じて切り替えましょう。
他にもさまざまな機能があり自分のタイミングでトリガーをかけることができます。
すべては難しいかもしれませんが、使いこなせるようになれば仕事の幅も広がるでしょう。

もっとデジタルオシロスコープを知りたい

デジタルオシロスコープ